CREDOブログ

発達障害の子どもに運動が必要な理由:驚くべき効果とその秘訣

子どもたちの脳や神経の発達は、成長の過程で非常に重要な役割を果たします。特に小学生(児童期)の年代における発達は、その後の学習や社会生活に大きな影響を与えます。

発達障害を持つ子どもたちが直面する困難は、注意力の欠如や感覚処理の問題だけでなく、社会的スキルの不足など多岐にわたります。しかし、これらの問題を克服する鍵となるのが「運動」です

発達障害に運動がもたらすパワー

  • 神経回路を強化し、脳の発達を促します。
  • 感覚統合を助けます。
  • 社会スキルを育みます。

CREDOの運動療育プログラムは、子どもに最適な運動を通じて、これらの効果を最大限に引き出します。運動がもたらす驚くべき効果とその秘訣を、一緒に探ってみましょう。

 

無限の可能性を広げる、心とカラダの応援団

運動療育はADHD児のこんなお悩みにオススメです

  • 集中力が持続できず、注意がいろんなところに移ろいやすい
  • 上の空になることが多く、学校での勉強についていけず遅れが出ている
  • すぐにカッとなりやすく、感情のコントロールが苦手なため暴言や手が出てしまう
  • 他の人が話しているのを遮って発言したり、思ったことがすぐに口に出てしまう
  • 何度言い聞かせても日常の活動を忘れたり、持っていくものを忘れてしまう
こんにちは、代表の山門です!

小学生の時期における脳や神経の発達はとっても重要です!

この時期を逃すことでの弊害は、「読み書きや計算能力の遅れ」といった学業面の課題がよくあげられますが、私はそれよりも「コミュニケーション能力の遅れ」や「共感力や協力の欠如」の方が子どもたちの学校生活をより大変にしていると感じています。

 

子どもと大人の脳発達の違い:運動がもたらす効果を比較

小学生
認知機能新しい神経結合が形成されやすく、認知機能が急速に発達する時期で、運動による刺激が大きな効果をもたらします。
海馬の成長脳がまだ成長段階にあるため、海馬の体積増加や神経細胞の新生が顕著。運動の影響がダイレクトに反映されやすい。
大人
認知機能脳の発達が成熟しているため、可塑性が減少している。子どもほど急激な変化は期待できない。
海馬の成長神経細胞の新生が減少しているため、効果が限定的。

 

「運動がもたらす脳の奇跡」

運動は単に身体を鍛えるだけではありません。発達障害を持つ子どもたちにとって、運動は脳(前頭前野)の活動を活発にし、注意力や記憶力、学習能力の向上に寄与することで学習や生活の質を大きく向上させる力があります。

お子様がADHD、自閉症またはグレーゾーンと診断されている場合でも、お子様の集中力、行動、不安を改善したい場合でも、お子様の目標に合わせて個別支援計画をカスタマイズできます。

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 感覚処理障害
  • 学習障害
  • 自閉スペクトラム症

 

神経回路の強化

運動は脳の神経回路を強化し、特に発達障害を持つ子供たちにとって重要です。運動によって脳の各部分が連携しやすくなり、注意力や集中力が向上します。複雑な運動(バランスをとる、リズムを合わせるなど)は、新しい神経結合を形成する助けとなります。

さらに、定期的な運動を行うことどもは、記憶や学習に関与する海馬の体積が大きくなり、学習能力が向上することが研究で示されています。

ラダーをステップすることで脳と体の連携を強化する

ラダーエクササイズ

 

少し専門的なお話ですが、これまで小脳という脳部位は身体的なバランス感覚に関係すると考えられてきましたが、実は、感情の調整力や集中の維持力にも重大な役目を果たしていることがわかってきたのです!

つまり、バランス運動を行なって小脳を刺激し、機能改善することで、感情を制御したり、集中力を持続できるようになったりできる可能性が十分にあるのです!

 

感覚統合を助ける運動

感覚統合は、視覚、聴覚、触覚などの感覚情報を適切に処理し、反応する能力です。発達障害の子どもたちは、このプロセスに困難を感じることが多いです。運動は、感覚統合を促進し、感覚過敏や鈍感を改善します。これにより、日常生活でのストレスが軽減され、生活の質が向上します。運動療育のプログラムは、感覚統合の向上を目的とした運動を提供し、子どもたちの生活をサポートします。

手と目の連携を強化し、感覚処理能力を高める

バランス&ハンドアイコーディネーションゲーム

 

社会的スキルを育む

発達障害の子どもたちは、他者とのコミュニケーションや協力が難しい場合が多いです。友人関係や教師との関係がうまく築けないと、人間関係のトラブルが増えることがあります。これにより、学校生活がストレスフルになり、学習意欲が大幅に低下することもあります。

運動を通じたグループ活動やチームスポーツは、社会的スキルの向上に役立ちます。これにより、協調性やコミュニケーション能力が高まり、友人関係を築く自信が生まれます。運動療育のプログラムは、子どもたちが安心して社会的スキルを学べる環境を提供し、社会的な孤立感を減らすことを目指しています。

友達との関係を築く練習をする

協力型ゲーム

 

さらに、運動によって身体能力が向上することで、子どもたちは自信を持ちやすくなります!

成功体験を通じて自己肯定感が高まり、精神的な安定にも繋がります。

2店舗合計で利用数7000人を突破

累計利用数7,000人突破!

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

 

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

実際にご利用いただくお客様の声

 

グレーゾーンの子どものお母さんへ、特別な運動療育プログラム体験会のお知らせ

体験会

ご利用手順

注意ポイント

ご利用にあたっては、市町村が発行する『障害児通所受給者証』が必要になります。受給者証の発行について、これまで福祉施設を利用されたことがない方のために施設管理者より分かりやすくご説明させていただきますのでご安心ください。

  • step.0 施設へ相談してみる

    福祉施設の利用が初めての方、また、まだお子様が医師の診断を受けたことがない方は一人で悩まれているケースが多く見受けられます。

    必要に応じて、お子様にとって最適な選択が選べるようお手伝いいたします。その際当施設の利用の有無は問いませんのでお気軽にお問い合わせください。

  • step.1 見学・体験を予約する

    見学や体験をご希望の場合は、各施設へ電話、またはHP内お問い合わせフォームよりご連絡ください。公式LINEからでもご予約できます。

    施設へ来所いただき見学・体験していただく日程を決めていきます。


  • step.2 ご来所にて見学・体験

    お子さまご本人と保護者様にご来所いただき、施設見学後に保護者様には現在のお子様の様子等を簡単にお伺いいたします。

    お子様はその時間に運動療育の体験を行っていただけます。お子様が運動に乗り気でない場合などが見られた場合は、施設内で遊んだりしながら、スタッフが有意義な時間が過ごせるようサポートいたします。


  • step.3 アセスメント

    見学・体験し、施設の利用をスタートしたいと思われた場合は、後日必要書類等をご持参いただき、アセスメント・ADLチェックシートを元に再度詳細をヒヤリングさせていただきます。

    その上で個別支援計画を作成し、お子様にあった目標の設定や運動療育の提供を一緒に考えていきます。

月が丘店の体験会

平日に来所が難しい人には嬉しい土曜日開催♪
  • 6月22日(土)9:00〜10:30【1名様:予約済み】
  • 6月22日(土)10:30〜12:00【1名様:空き】
通常の利用日だと実際に利用している子どもたちの様子が見れるね♪
  • 6月24日(月)16:00〜17:30【1名様:予約済み】
  • 6月25日(火)16:00〜17:00【1名様:予約済み】

公式LINEからでもご予約いただけます。

友だち追加

-CREDOブログ

© 2024 【運動療育型】児童デイサービスCREDO|盛岡市 Powered by AFFINGER5