Q&A

受給者証ってなに?

q

「受給者証ってなんですか?」という問い合わせをいただくことがあります。

放課後等デイサービスを利用するための「受給者証」についてご説明します。

 

受給者証とは?

受給者証は福祉サービスを利用するために市町村自治体から交付される証明書です。受給者証には保護者とお子様の住所、氏名、生年月日、サービスの種類、その支給量(日数や時間数)が記載されます。

児童発達支援・放課後等デイサービスは療育手帳を取得されていないお子様でも、受給者証があれば利用することができる福祉サービスです

参照:https://prosperus310.com/news/受給者証とは?%E3%80%80児童発達支援・放課後等デイサ/

 

放課後等デイサービスは、福祉サービスのなかでも「障害児通所支援」に該当します。

 

療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳)との違いは、療育手帳は障害名や程度を証明するために都道府県が発行しているものですが、受給者証は福祉や医療のサービスを利用できる証明として市町村が発行しているものです。

 

支給量とはなんですか?

支給量とは、福祉サービスを利用できる日数や時間数のことです。

放課後等デイサービスは、受給者証に書かれている日数(支給量)分通うことができます。

 

利用料は自治体が9割負担するため、月に何日利用できるかは自治体判断となります。自治体と相談の際には、お子さんの特徴や利用を考えた場合、希望する時間や日数を詳しく伝えるようにしましょう。

 

受給者証ってどうすればもらえるの?

受給者証は住んでいる自治体の行政の福祉の窓口で申請します。

受給者証申請までの流れ

  • 放課後等デイサービスを見学
  • 住んでいる自治体の行政の福祉の窓口に相談・申請
  • 必要書類(医師の診断書やサービス等利用計画案など)を作成して提出
  • 市の調査員によるヒアリング
  • 支給決定と受給者証のは交付

※「サービス等利用計画案」とは月にどのくらい放課後等デイサービスの利用を必要としているか等を記載します。行政の福祉の窓口に紹介された指定相談支援事業者に依頼して作成することもできますし、保護者自身で作成する場合もあります。

 

受給者証に関するその他ご質問

はてな

未就学の場合は、いつ頃放課後等デイサービスの申請をすればいいのですか?

ポイント

未就学の間には発行されませんが、就学年度の4月1日に利用開始をする前提で申請をすることはできます。自治体の障害福祉の窓口で受給者証の申請をしてください。児童発達支援に通われていた場合でも、新たに放課後等デイサービスの受給者証申請が必要となります。

 

はてな

療育手帳があれば受給者証は必要ありませんか?

ポイント

療育手帳だけでは放課後等デイサービスを利用することはできません。福祉サービスとしての利用ではない場合、全額自己負担となってしまいますので、お住まいの自治体の障害福祉課に問い合わせて申請手続きを行いましょう。

 

はてな

療育手帳が取得できなかったので受給者証も交付してもらうことは難しいですか?

ポイント

療育手帳がなくても受給者証を申請することは可能です。住んでいる自治体の行政の福祉の窓口に問い合わせてみてください。

 

関連記事

水泳がもたらす感覚統合の効果 子どもの成長を促すプログラム

CREDOブログ

2024/4/12

水泳がもたらす感覚統合の効果 子どもの成長を促すプログラム

この記事では、水泳が子どもたちの感覚統合にどのように貢献するかを探ります。専門家の視点から、水泳を取り入れた改善プログラムの効果とその実践方法を詳しく解説します。子どもたちの「困りごと」に対する新しいアプローチを提供し、彼らの成長と発達をサポートするための実用的な情報を提供します。 感覚統合と水泳の基本理解 感覚統合は、私たちの脳が日常生活で受ける様々な感覚情報を整理し、適切に反応するための重要な機能です。この感覚統合のプロセスは、特に子どもの発達段階で重要とされています。しかし、感覚統合に困りごとを抱え ...

ReadMore

積み木を使って遊ぶ!子どもの感覚統合を促進する方法

CREDOブログ

2024/4/12

積み木を使って遊ぶ!子どもの感覚統合を促進する方法

感覚統合は子どもの発達に欠かせない要素です。この記事では、運動療育や理学療法の専門家が、感覚統合の基本から積み木を使った具体的な活動、家庭で実践できる方法までを分かりやすく解説します。 専門家のアドバイスを通じて、子どもの発達を支える新しいアプローチを見つけることができます。 感覚統合と積み木の基本 感覚統合は、私たちが日常生活で体験する様々な感覚情報を脳が整理し、適切に反応する能力です。この能力は、特に子どもの発達段階で重要な役割を果たします。 感覚統合がうまく機能しないと、日常生活のさまざまな場面で困 ...

ReadMore

感覚統合の理解を深める 低反応型の子どもへの効果的なアプローチ

お知らせ

2024/4/11

感覚統合の理解を深める 低反応型の子どもへの効果的なアプローチ

この記事では、低反応型の子どもたちの日常生活における困りごとに対する理解を深め、彼らをサポートするための具体的な方法を提供します。運動療育や理学療法の専門家の視点から、家庭や学校での効果的な対応策を探求し、低反応型の子どもたちが直面する様々な状況に対する実践的なアドバイスを提供します。この記事を通じて、保護者や教育者は、低反応型の子どもたちの日常生活をより良く理解し、彼らの成長と発達をサポートするための知識とスキルを身につけることができます。 感覚統合と低反応型の基本理解 感覚統合とは、私たちの脳が日々の ...

ReadMore

子どもの成長を促す 低緊張と感覚統合のサポートテクニック

CREDOブログ

2024/4/12

子どもの成長を促す 低緊張と感覚統合のサポートテクニック

低緊張や感覚統合の問題に直面している子どもたちへの適切な支援は、彼らの日常生活と学習過程に大きな影響を与えます。この記事では、専門家の知見を基に、家庭で実施できる簡単な運動や日常のアクティビティ、学校での教育支援策、そして専門家による改善プログラムについて詳しく解説します。これらの知識を活用することで、子どもたちがより充実した日々を送り、学習における成功を収めるための手助けとなります。 低緊張と感覚統合の基本 低緊張と感覚統合について理解を深めることは、子どもたちの発達と日々の生活における成功への鍵です。 ...

ReadMore

脳波分析で変わる感覚統合障害の見方

CREDOブログ

2024/4/3

脳波分析で変わる感覚統合障害の見方

感覚統合障害と脳波の関係は、運動療育や理学療法の分野で注目されています。この記事では、最新の研究成果を基に、感覚統合障害に対する新しい理解と改善プログラムの可能性を探ります。脳波技術の進歩がもたらす新たな展望を通じて、子どもたちの日常生活における困りごとへの対応方法を提案し、専門家の視点から深い洞察を提供します。 感覚統合と脳波 感覚統合は、私たちの脳が周囲の環境からの刺激をどのように処理し、反応するかを理解する上で不可欠な概念です。日常生活での動作や学習、さらには社会的な相互作用において、感覚統合は重要 ...

ReadMore

-Q&A

© 2024 【運動療育型】児童デイサービスCREDO|盛岡市 Powered by AFFINGER5