Q&A

学童と放課後デイサービスの違いとは?

学童保育と放課後等デイサービスの特徴

 

「小1の壁」に対応するために民間の学童と放課後等デイサービスが増えています。

学童と放課後等デイサービスの特徴を比べたところ、その違いはさまざまです。

 

 

学童と放課後等デイサービスの違い

学童とは、「放課後子どもクラブ(学童保育クラブ)」と呼ばれ、「放課後児童支援員」などの職員が常駐し、運営されています。

 

放課後子どもクラブ(学童保育クラブ)とは?

保護者会が主体となり、民家や専用室などで小学生に健全で、有意義な放課後を過ごしてもらうための施設で、その活動は児童福祉法第6条の3第2項に位置づけられています。

ポイント

  • 対象

共働きなどのため昼間に保護者が自宅にいない小学生

  • 預かり時間

平日は下校時から18時。土曜日は9〜17時。

  • 過ごし方

基本的には安全が確保された中で、子どもが自由に遊ぶ。その施設ごとに様々なイベントを開催したりといったことも行われる。

  • 料金

各放課後児童クラブ(学童クラブ)により料金は異なります。

 

放課後等デイサービスとは?

障害のお子さんの保護者のニーズに応え、子どもたちに対する療育を行うために、NPO法人や社会福祉法人、民間企業などが運営し、全国的に増えています。

ポイント

  • 対象

親の就労の有無は問わず、障害のある小学校1年生から高校3年生。定員10名

  • 預かり時間

平日は下校時から18時まで。祝日・学校休業日は10〜18時。学校から放課後等デイサービスまで車での送迎がある場合があります(送迎が可能かどうかは各施設までお問い合わせください)

  • 過ごし方

個別支援計画に基づく療育プログラムや学習指導、集団遊び、運動遊びなど障害のある子や発達に特性のある子供のためのプログラムが提供されている。

  • 料金

サービス利用料金の9割を自治体が負担。利用者の負担は1割。

負担額については世帯の収入毎に上限月額がある。

Q&A

放課後等デイサービスとはなんですか?

2021/12/3  

放課後等デイサービスは、6〜18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなど長期休暇に利用できる福祉サービスです。 個別の発達支援や集団活動を通して、家と学校以外の居場所 ...

 

放課後等デイサービスの特徴

学童にはない放課後等デイサービスの特徴とはなんでしょうか。厚生労働省が出しているガイドラインによると、放課後等デイサービスには3つの基本的役割があります。

  1. 子供の最善の利益の尊重
  2. 共生社会の実現に向けた後方支援
  3. 保護者支援

子供の最善の利益の尊重

放課後等デイサービスは、支援を必要とする障害を抱えた子どもたちに対して、学校や家庭などとは違った時間や空間を提供し、そこで関わる人たちとの交流を促進します。

また、そうした体験を通じながら、個々の子どもの状況に応じた発達支援(生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流の促進等)を行うことで、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図ることが期待されています。

放課後等デイサービでは、一人ひとりに個別支援計画を立て、その子の課題に合わせたプログラムを設定します。

 

共生社会の実現に向けた後方支援

障害を抱えた子どもたちや発達に特性のある子どもたちの地域社会への参加・包容(インクルージョン)を進めるため、他の子どもも含めた集団の中での育ちをできるだけ保障する視点が求められています。こうした経験を子どもたちに補償するために、専門的な知識や経験に基づいて支援を行うことこそ、共生社会の実現に向けた後方支援の目的です。

子どもたちが地域において健全に発達していけるよう、障害のある子どもたちを支援する専門機関としての働きが求められています。

他のお子さんと一緒に過ごすので、他者との関わりを学習できるようスタッフが見守らせていただきます。

 

保護者支援

放課後等デイサービスは、保護者が障害のある子どもを育てることを社会的に支援する側面もありますが、子育ての悩みを相談できたり、子どもの育ちを支える力をつけられるよう支援したり、保護者の時間を保障するために、ケアを一時的に代行する支援を行なったりすることも期待されています。

これらの支援によって保護者が子どもに向き合うゆとりと自信を回復することも、子どもの発達に好ましい影響を及ぼすものと期待されています。

お母さんが息抜きできることは、お子さんの発育にとってもとても大切です。

 

参考

放課後等デイサービスの中には「ただのお預かりになっているのではないか?」と指摘を受ける施設もあります。それでは放課後等デイサービスとしての本来の役割を果たせているとは言えません。

そのため、利用契約に至る前に、施設見学や体験を通じてお子さんに合った療育が受けられるのかどうか見たり聞いたり、相談したりしながらじっくり決めていただくことが肝要です。

ぜひ、お子さんに合った放課後の居場所を探す手がかりになれば幸いです。

 

関連記事

保護者限定栄養セミナー

お知らせ

2024/3/2

保護者限定栄養セミナー「お母さんのためのはじめての栄養学」が大好評!

ご利用者のご家族限定セミナーの開催 児童デイサービスCREDOでは、2024年2月24日(土)にパルコホーム盛岡支店(パルコタウン)にて、発達障害に関連したテーマで、保護者向けの栄養セミナーを開催しました。セミナーの時間中はお子様をお預かりし、初めて子どもたちのフットサルも企画しました。 セミナーでは、保護者の皆様に向けて発達障害の特性のことや栄養と発達の特性・悩みへの関連性など内容盛りだくさんでお届けいたしました。 なぜ食事が発育において重要なのか? 講師は栄養のスペシャリストである山門が務めました! ...

ReadMore

感覚統合支援 家庭と保育現場での実践的アプローチ

CREDOブログ

2024/2/5

感覚統合支援 家庭と保育現場での実践的アプローチ

この記事では、感覚統合の基本から応用までを、運動療育、スポーツ医学、神経学、理学療法の専門家の視点から詳しく解説しています。家庭での支援方法や保育現場での実践例、改善プログラムの選び方まで、子どもの「困りごと」に対応するための具体的なアプローチを提供します。読者はこの記事を通じて、感覚統合の理解を深め、子どもの発達をサポートするための実践的な知識とスキルを身につけることができます。 感覚統合の基本 感覚統合は、私たちが日常生活で経験する様々な感覚情報を脳が整理し、適切に反応するための重要な脳の機能です。こ ...

ReadMore

感覚統合障害の子どもへの理解と支援: 家庭と学校での効果的なアプローチ

CREDOブログ

2024/2/5

感覚統合障害の子どもへの理解と支援〜家庭と学校での効果的なアプローチ

この記事では、感覚統合障害の基本的な理解から、家庭や学校で実践できる具体的な改善プログラムまでを網羅的に解説します。 この記事を通じて、子どもたちの日常生活における困りごとへの理解を深め、効果的な支援方法を学ぶことができます。感覚統合障害に直面する子どもたちとその家族・教育者にとって役立つ記事です。 感覚統合の基礎知識 感覚統合は、私たちが日常生活で経験する様々な感覚情報を脳が整理し、反応するための重要な脳の機能です。 このプロセスは、視覚、聴覚、触覚など、複数の感覚からの情報を統合し、身体の動きや行動に ...

ReadMore

お知らせ

2024/1/29

CREDOでのインターンシップ―未来を育む冒険の始まり

"CREDOで、未来ある子どもたちと共に成長しませんか?" CREDOは、子どもたちの成長をサポートし、明るい未来への第一歩を共に踏み出す場所です。私たちのインターンシップ・プログラムは、専門学校や短期大学、4年生大学等と連携し、実習生の受け入れを行なっています。心から子どもたちを支えることに情熱を持ち、成長の一翼を担いたいと願うあなたにぴったりです。 児童デイサービスCREDOでのインターンシップが、あなたのキャリアに新たな可能性をもたらします。 CREDOのインターンシップ・プログラム 専門的な成長の ...

ReadMore

感覚統合障害と原始反射 最新の理解と対策法

CREDOブログ

2024/1/25

感覚統合障害と原始反射〜最新の理解と対策法

原始反射と感覚統合の関連性に焦点を当て、発達障害におけるその役割と改善プログラムについて詳しく解説します。運動療育、スポーツ医学、神経学、理学療法の専門家の視点から、原始反射がどのように感覚統合に影響を与え、それが日常生活の困りごとにどう関連しているのかを探ります。 この記事を通じて、発達障害の理解を深め、実践的な改善プログラムの知識を得ることができるでしょう。原始反射の統合と感覚統合障害の改善に関する最新の研究成果も取り入れ、有益な情報を提供します。 原始反射の基本と発達障害への影響 生まれながらに備わ ...

ReadMore

-Q&A

© 2024 【運動療育型】児童デイサービスCREDO|盛岡市 Powered by AFFINGER5