Q&A

学童と放課後デイサービスの違いとは?

学童保育と放課後等デイサービスの特徴

 

「小1の壁」に対応するために民間の学童と放課後等デイサービスが増えています。

学童と放課後等デイサービスの特徴を比べたところ、その違いはさまざまです。

 

 

学童と放課後等デイサービスの違い

学童とは、「放課後子どもクラブ(学童保育クラブ)」と呼ばれ、「放課後児童支援員」などの職員が常駐し、運営されています。

 

放課後子どもクラブ(学童保育クラブ)とは?

保護者会が主体となり、民家や専用室などで小学生に健全で、有意義な放課後を過ごしてもらうための施設で、その活動は児童福祉法第6条の3第2項に位置づけられています。

ポイント

  • 対象

共働きなどのため昼間に保護者が自宅にいない小学生

  • 預かり時間

平日は下校時から18時。土曜日は9〜17時。

  • 過ごし方

基本的には安全が確保された中で、子どもが自由に遊ぶ。その施設ごとに様々なイベントを開催したりといったことも行われる。

  • 料金

各放課後児童クラブ(学童クラブ)により料金は異なります。

 

放課後等デイサービスとは?

障害のお子さんの保護者のニーズに応え、子どもたちに対する療育を行うために、NPO法人や社会福祉法人、民間企業などが運営し、全国的に増えています。

ポイント

  • 対象

親の就労の有無は問わず、障害のある小学校1年生から高校3年生。定員10名

  • 預かり時間

平日は下校時から18時まで。祝日・学校休業日は10〜18時。学校から放課後等デイサービスまで車での送迎がある場合があります(送迎が可能かどうかは各施設までお問い合わせください)

  • 過ごし方

個別支援計画に基づく療育プログラムや学習指導、集団遊び、運動遊びなど障害のある子や発達に特性のある子供のためのプログラムが提供されている。

  • 料金

サービス利用料金の9割を自治体が負担。利用者の負担は1割。

負担額については世帯の収入毎に上限月額がある。

Q&A

放課後等デイサービスとはなんですか?

2024/4/29  

放課後等デイサービスは、6〜18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなど長期休暇に利用できる福祉サービスです。 個別の発達支援や集団活動を通して、家と学校以外の居場所 ...

 

放課後等デイサービスの特徴

学童にはない放課後等デイサービスの特徴とはなんでしょうか。厚生労働省が出しているガイドラインによると、放課後等デイサービスには3つの基本的役割があります。

  1. 子供の最善の利益の尊重
  2. 共生社会の実現に向けた後方支援
  3. 保護者支援

子供の最善の利益の尊重

放課後等デイサービスは、支援を必要とする障害を抱えた子どもたちに対して、学校や家庭などとは違った時間や空間を提供し、そこで関わる人たちとの交流を促進します。

また、そうした体験を通じながら、個々の子どもの状況に応じた発達支援(生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流の促進等)を行うことで、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図ることが期待されています。

放課後等デイサービでは、一人ひとりに個別支援計画を立て、その子の課題に合わせたプログラムを設定します。

 

共生社会の実現に向けた後方支援

障害を抱えた子どもたちや発達に特性のある子どもたちの地域社会への参加・包容(インクルージョン)を進めるため、他の子どもも含めた集団の中での育ちをできるだけ保障する視点が求められています。こうした経験を子どもたちに補償するために、専門的な知識や経験に基づいて支援を行うことこそ、共生社会の実現に向けた後方支援の目的です。

子どもたちが地域において健全に発達していけるよう、障害のある子どもたちを支援する専門機関としての働きが求められています。

他のお子さんと一緒に過ごすので、他者との関わりを学習できるようスタッフが見守らせていただきます。

 

保護者支援

放課後等デイサービスは、保護者が障害のある子どもを育てることを社会的に支援する側面もありますが、子育ての悩みを相談できたり、子どもの育ちを支える力をつけられるよう支援したり、保護者の時間を保障するために、ケアを一時的に代行する支援を行なったりすることも期待されています。

これらの支援によって保護者が子どもに向き合うゆとりと自信を回復することも、子どもの発達に好ましい影響を及ぼすものと期待されています。

お母さんが息抜きできることは、お子さんの発育にとってもとても大切です。

 

参考

放課後等デイサービスの中には「ただのお預かりになっているのではないか?」と指摘を受ける施設もあります。それでは放課後等デイサービスとしての本来の役割を果たせているとは言えません。

そのため、利用契約に至る前に、施設見学や体験を通じてお子さんに合った療育が受けられるのかどうか見たり聞いたり、相談したりしながらじっくり決めていただくことが肝要です。

ぜひ、お子さんに合った放課後の居場所を探す手がかりになれば幸いです。

 

関連記事

CREDOブログ

2024/6/21

多動症(ADHD)を持つ子どもの集中力を高める生活習慣とは?

多動症(ADHD)を持つ子どもを育てている親御さんにとって、子どもの集中力の欠如や落ち着きのなさは大きな悩みの一つです。多動症の特性として、気が散りやすい、じっとしていられない、計画性に欠けるなどが挙げられますが、これらの課題は適切な生活習慣を取り入れることで改善する可能性があります。本記事では、ADHDを持つ子どもの集中力を高めるために効果的な生活習慣を詳しく解説します。 集中力を高めるための基本的な生活習慣 1. 規則正しい生活リズムを作る 多動症の子どもは、規則的な生活リズムが特に重要です。毎日同じ ...

ReadMore

お知らせ

2024/6/13

【児童指導員募集】一緒に子どもたちを笑顔にするお仕事しませんか?

私たち「運動療育型児童デイサービスCREDO」では、運動を通じて子どもたちの成長を支援することに情熱を持った児童指導員を募集しています。あなたの経験とスキルを活かし、子どもたちに笑顔と自信を届けるお仕事を一緒にしませんか?子どもたちの可能性を引き出すやりがいに満ちた職場で、あなたも成長してみませんか? 募集要項 職種 運動療育を行う児童指導員 募集背景 運動療育型児童デイサービスCREDOでは、日々多くの子どもたちが訪れ、運動を通じて楽しく学びながら成長しています。私たちは、子どもたちの笑顔と成長を見守る ...

ReadMore

CREDOブログ

2024/6/21

ディスレクシアの子どもに効果的な運動療育の方法とそのメリット

ディスレクシア(読字障害)は、学習障害の一つで多くの子どもたちにとって学習の壁となることがあります(1)。しかし、適切な支援とアプローチを取り入れることで、彼らの能力を最大限に引き出すことができます。その一環として注目されているのが運動療育です。本記事では、ディスレクシアの子どもにとって運動がどのように役立つのか、具体的な運動療法の方法やそのメリットについて詳しく解説します。日常生活の中で取り入れやすい方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 ディスレクシアとは何か? ディスレクシアとは何でしょうか ...

ReadMore

CREDOブログ

2024/6/21

書字障害を持つ子どものサポート方法と有効な療育プログラム

書字障害を持つ子どもは、文字を書くことに困難を感じることがあります。そのため、学校生活や日常生活でのストレスが増えることもしばしばです。この記事では、書字障害を持つ子どもへの効果的なサポート方法と、運動療育プログラムの活用法について詳しく解説します。読者の皆さんが、子どもたちの成長を支援し、より良い学びと生活を提供するための具体的なアドバイスを提供します。   書字障害の正しい理解と特徴を知ろう 書字障害の特徴:理解しておきたい基本情報 書字障害(ディスグラフィア)は、文字を書くことに困難を感じ ...

ReadMore

お知らせ

2024/6/10

体験会の枠があと1つ!運動療育型児童デイサービスCREDOの6月の特別体験会

こんにちは、皆さん!今回は、運動療育型児童デイサービスCREDOの6月の特別体験会についてお知らせします。ご好評につき、残りの枠があと1つだけとなりました!運動療育の魅力や、小学生低学年の成長にとって運動がどれほど重要かをご紹介しながら、特別なサポートが必要な子どもたちへの効果もお伝えします。CREDOの体験会で、お子さんの新しい一面を発見しませんか?今すぐ予約して、この貴重な機会をお見逃しなく! ご好評によりたくさんのご予約をいただいています 皆様のおかげで大盛況! CREDOの体験会は毎回大好評をいた ...

ReadMore

-Q&A

© 2024 【運動療育型】児童デイサービスCREDO|盛岡市 Powered by AFFINGER5